作業する男性
三角

詳細描写

様々な証言を照らし合わせることにより、聞いているばかり、平面での打ち合わせでは見えてこなかった事故の真実が見えることがあります。
常にタクトシステムズは人の役に立てるようなツールを開発提供するようにしています。
交通事故をバーチャルで再現できるようなソフトを提供することにより、これまででは不可能だったり見落としがちだった問題を全て綺麗に解決出来るようになっています。
ネット環境がある為に、最新の道路状況を把握してそれをソフトに反映させて対処することが出来るようにもなっており、防犯カメラの映像をソフトに入れられるようにもなっています。

人の証言、事故を起こした物の状態、そして映像や道路の形状などをリアルタイムで入力し、その時の気温や人通り、天気のような細かな情報も入れ込むことで更に保険屋の情報制度を上げることが出来ます。
これは保険を扱っている会社としても良いことですし、業務効率を上げればヒューマンエラーも起こりにくくなります。
業務自体にゆとりを持った状態で対応することで、より良質なサービスを提供することが出来るようになっているのです。