作業する男性
三角

医療現場でも

IT企業というとどうしてもネット関係やプログラム関連の会社を想像しますが、実はタクトシステムズでは医療現場への支援も行っています。
病院で管理する問題は非常に情報量が多く、症例も様々です。
利用している薬だけに絞ったとしても相当量ありますから、昔のようにカルテのみで管理するのには限界があります。
その上、年齢や性別や持病によっても対応方法は変わってきます。量が多すぎる、管理が難しいからといって取り違えやミスをすれば当然大変な問題になってしまいますし、高確率で人命に関わるようになってしまいます。
常に危険と隣り合わせの世界だからこそ、タクトシステムズでは1つ1つを完璧に管理出来るように医療現場に合わせた管理ツールも提供しています。

これらの管理ツールを利用することにより、24時間365日完璧な管理が可能となるようになっています。
この技術は即時データの反映と正確な結果が必要となる臨床試験の世界でも必要とされています。
臨床試験の現場で利用するということは、単純に病気の治療だけでなくこれまでの医療技術を更に進化させる為に必要不可欠なツールでもあるのです。
どんなに小さな病院でも、どんな特殊な問題を扱っている場所であったとしても、タクトシステムズにかかれば専門的なツールをすぐさま提供出来るようになっています。
ですから低価格でのサービス提供も十分に可能となっていますし、即対応して短期間に必要なシステムを導入することも出来るようにしてあります。

また、これは企業側、病院側だけに特化したサービス内容では無く、臨床試験を受ける側にとっても便利な世界となっています。
臨床試験の中にはその場だけで終わらず、日常生活をしながら経過観察をするような場合もあります。
そんな時、毎回病院に行くのは面倒、しかし専用の入力ツールは使いにくい、もしくはそれを利用する環境が無いというような人もおります。
その問題がひっかかって面倒なことにならい為にも、このタクトシステムズでは誰もが持っているツールを利用してデータ管理や送信がより簡単になるようにしています。
誰もが持っているツールから送信されてくるファイル形式でも、すぐさま専用の医療関係管理ツールに入れ込んだりできるようにすることで手動入力の機会を減らし、ヒューマンエラーが起こらないような環境に整えていっています。