作業する男性
タクトの歩み

タクトの歩み

タクトシステムズは最初4人という少人数から始まった会社でした。
当時はまだまだ現在のようにネット環境が当たり前では無かった時代でしたが、当時から既にタクトシステムズではコンピューターやIT業界の動きや変化に柔軟に対応し、凝り固まること無く着実に新しいことやツールを取り入れて進化していきました。
それによって会社は成長を続け、ネット環境が当たり前になり、スマートフォンやタブレットを当然のように使い出した時代になってタクトシステムズも巨大な企業に進化しています。
積極的に未知のものを取り入れ、これから進化するであろう期待値を値踏みし、自分自身が信じた業界へは積極的に行動することで現在のタクトシステムズがあるのです。

今このタクトシステムズは各企業から依頼を受けたシステムやアプリケーションの開発からコンサルティング、自社で開発したパッケージソフトの販売まで幅広く業務を行っています。
常に視野を広くし、どんな情報でもすぐさま共有しておけるように東京や大阪だけでなく愛知や新潟にも会社を持っています。
こうして会社を広げておくことにより、より実力を持った人を会社へ招き入れ、まだまだ進化し続けられるような体制にしています。
IT業界は発達しきっているように見えますが、実はまだまだこの業界は進化に満ち満ちています。
それを素早く嗅ぎ分け、常に最新の技術に対応、そして提供していけるようにとタクトシステムズは目を光らせているのです。
ここで考えだされたことが他の会社のシステムとして利用されるようになり、更にたくさんの雇用を動かし経済を回すことに繋がります。

日本のIT技術は海外にも通用するだけの精密さを持っています。
それに、海外の方が圧倒的に日本よりも技術的な進化は進んでいますから、これらをいち早く取り入れてこれからの技術に関してのトレンドを知る為に勉強は欠かしません。
ITからIT企業への対応では無く、これまでシステムを取り入れたことないような企業、または事業者にもピッタリのサービスを提供することで過去に苦労していたような業務内容をもっと簡単に行えるようにしています。
ネットやパソコンに関する苦手意識は当たり前にネット環境が整った時代に生まれている人と、そうでない人の間には相当な差があります。
そんな隙間を埋める為にもタクトシステムズは尽力し続けています。
誰にとっても便利な技術が利用できるような環境、そしてそれをあたりまえに使える状態にすれば世の中はより過ごしやすくなります。